読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホワイトロリータ

僕はルマンド派です

【カルドセプト】アレス水ブック

culdcept

新しいブックを作ってみました。
まだまだ回し足りないので試作品の段階といったところですが、とりあえず公開。

侵略側のSTが20上昇する応援能力を持つ軍神様に率いられたチームを作ってみようと考えました。

しかし、本気で侵略する場合、大抵はガルーダやシェイドフォーク、ナイトフィーンドといった、アレスの力に頼らずとも拠点を殴り倒す力を持ったクリーチャーが採用されます(これらのクリーチャーは同時にグレムリンアムルやブラックオーブを持つことが多い)。
アレスの力は必要ないように思えます。

どちらかといえば、素手で撒きクリーチャーを殴り倒せる確率が上がることの方が重要といえるでしょう。
ST30のクリーチャーがスチームギア、ST50のクリーチャーがコロッサスクラスの火力を手にすることができるので、普段は非力なクリーチャーたちも頼りになることでしょう。
ということで、今回は撒き潰しを重視したブックにしました。

クリーチャー:21枚 アイテム:4枚 スペル:25枚
ゴールドアイドル:2 スティンクボトル:1 イサーフラッシュ:3
デコイ:4 ニュートラクローク:1 スクイーズ:2
アレス:2 ネクロスカラベ:1 ターンオーバー:1
G・イール:2 ブーメラン:1 チャリオット:1
シーボンズ:4 - ティラニー:1
シェルクリーパ:2 - ドレインマジック:4
リバイアサン:3 - ピース:3
コーンフォーク:2 - フライ:2
- - ブラックアウト:1
- - ホーリーワード8:3
- - リフォーム:2
- - リプレイス:2

-
ドローソースが乏しいので、必ずしも早いターンにアレスが来るとは限りませんが、そうでなくても最低限は戦えるように構築したつもりです。
基本的にはゴールドアイドル、イサーフラッシュ、リプレイスを活用してアレスを火領地なしでも出せるようにします。リバイアサンも早いタイミングで出せるようになりますね。

特に今回、注目してみたのがリバイアサン
その効果は「敵破壊時、戦闘が行われた領地を水属性に変える」というもの。
コストが高く、またST40という微妙な火力により、使いづらさが否めないリバイアサンですが、前者は前述のゴールドアイドル等で、後者はアレスによって解消を図っています。
手札から、あるいは移動やチャリオットによる侵略で撒きクリーチャーを潰しつつ、水領地の拡大を狙います。
相手が水属性以外をメインにしたブック構成である場合、侵略を繰り返すだけでただ領地を減らす以上の嫌がらせができます。

他には、シェルクリーパやG・イールは他属性を牽制できるメリットから投入。

シーボンズはアレスの影響を一切受けない拠点候補。
青天井系にも強い。

デコイはまあ普通。4枚は多すぎる気もしますが。
コーンフォークも同じく。序盤は侵略抑制。仮に奪われてもイサーフラッシュやリプレイスで魔力消費が激しくなりがちな序盤に200G入るのはおいしい。

アイテムに関しては援護メタのスティンクボトル(軽い上に使いまわせるのがメリット)、侵略の幅を広げるブーメラン、奪った属性不一致の高額領地で1度はがっぽりを狙えるネクロスカラベ、という並び。
ガセアスフォームとカウンターシールドはマナにすることが多いので採用は見送り。

スペルは更に場を荒らすターンオーバー、援護やナイキー等の厄介なクリーチャーに対するティラニー、アレスやゴールドアイドルを守るピース、現金輸送になることを見越してドレインマジックなど。
チャリオットはあれば便利という程度だったので1枚。


こんな感じです。
改良点はまだまだあるはずなので、対戦を重ねてよりよいブックにしていきたいですね。
今のところ、パイエティコインを組み込んだブック(聖堂なしマップ前提)を考えています。

簡単な説明ですが、今回はここまで。