読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホワイトロリータ

僕はルマンド派です

【ポケモンXY】ポケセン大会オフレポ(のようなもの)【変なダブル】

ついったーでちょくちょくつぶやいていたので知っている方もいらっしゃるかもしれませんが、全国3か所(多分)のポケモンセンターで行われた大会に参加しました。

私が参加したのは浜松町にあるポケモンセンタートウキョー会場で行われたものです。

ポケモンのメインユーザーの多くが夏休みの時期ということもあり、平日ながら盛り上がっていました。
そんなわけで、私が今大会に参加しての感想とかいろいろ綴りたいと思います。


8月28日午前3時

ポケモン育成中(大会とはまったく関係ない個体)。
というのも、私はこのとき大会の存在などまったく知りませんでした。

そろそろ寝るか…と思い、寝る前にトイレに行くとリアルヒードランエンカウント
身代わり守る残飯ドランばりの長期戦を強いられる。


8月28日午前7時

激闘の末、ヒードランは逃げ出した。
追う気力もなかった。

午前中は浜松町でポケモンとまったく関係ないイベントに参加するため、家を出なければならない。
つまり一睡もしていない。

中央線に乗り換え、座席を確保したので東京駅まで寝ることに。
お休み3秒。


8月28日正午

用事が済んだところで、せっかくだからちょいとポケセンにでも寄ってみるか、と立ち寄る。
てきとーにぶらぶらしていると外が何やら盛り上がっている。
スタッフの方が大会の宣伝をしていたので、おそらくそれだろうと人だかりへと向かう。

バッグの中にはDS。
これはやるしかない、と思った(笑)

実際は知らない人にフレ戦でも仕掛けるか、と思って持ってきたDSがこんなところで役に立つとは。

しかし、ルールが分からない。
カロスマーク縛りだったらその時点で対戦ありがとうございましたになってしまう。
何しろ、私は散々考察していたピカチュウトリプルでさえ厳選がめんどくさいという理由だけで参加しなかったくらいには厳選が嫌いなのだ。
パーティなど用意できるわけがない。

そこで、近くのスタッフさんにルールを確認すると、
① カロス図鑑に載っているポケモン
② ①を満たせばムーバーから輸送したポケモンもOK
③ 禁止伝説は1匹まで
④ 見せ合いあり4対4のダブルバトル

なんじゃこれは。
うかつに初心者と名乗れないくらいには対戦歴を重ねてしまった私ですが、こんな変なルールは初めてです。特に④
多分、うちの大学(というより私)でもこんな変なルールの大会は開かないと思う(笑)

それでも、ムーバーありならパーティが用意できそうなので、ボックスを眺めてカロス図鑑ポケモンを探す。
そのうちに、バトルレジェンドで使ったパーティのうち、カイオーガ以外はカロス図鑑に載っていると気付いたので、とりあえずゼルネアスレパルダスクチートファイアロー、というメンツで挑むことにしました。
型はバトルレジェンドのものと同じ。レパルの威張る→挑発くらい。
対戦画面でずっと「まもる」だと思っていたクチートの技が「つるぎのまい」だったときは「えっ」って思いましたが(笑)

ポケモンセンタートウキョーの代表として他ポケセンの代表と対戦するためには5連勝が条件とのことなので、まずは5連勝を目指す。

結果としてはそこそこ強かったのですが、毎ターンのように択ゲーになるのが非常に辛かったです。
結局、4戦目くらいで負け。

2回目はパーティを変更して挑みました。
ゼルネアスガルーラレパルダスモロバレル
ゼルネレパルはさっきと同じやつ。ガルーラはグロパンマン、バレルはテンプレのやつ。

モロバレルで粉撒いてたら5連勝しました。

そんな感じで抽選番号をゲット。

抽選会まで1時間あったので、ライバル潰しでもしようと思ったのですが、3DSの電池が赤くなってしまったのでやめました。


午後2時30分

抽選会。
当たっても充電切れてすぐ失格になるんじゃないかとか考えてました(笑)
それに、見渡す限り30人くらいはいたので、10人に選ばれるわけないだろーjajajaとか思ってました。

ところが
スタッフさん「24番の方ー」
私「!!!???」

なんと、最初に当たってしまいました。
小学生のころにやったビンゴ大会でも何故か最初に揃ったり、こういうところで無駄に運がいいのが私の特徴(

とりあえず、呼ばれたので前の方へ。
スタッフさん「トレーナーネームを教えてください」
私「『トレーナーネーム』ですか?」
スタッフさん「はい」
私「…『ななみ』です」

めっちゃ恥ずかしかった(笑)

スーツ着た身長180超えの男が「ななみです」ってふざけてんの?
これからは対戦用ロムはHNをTNにしようと心の中で誓う私でした(((

テーブルに座るとスタッフさんから「チーム戦」と聞かされる。
てっきり、ここからトーナメント戦でもやって代表を決めるのかと思いました()

でも、強い人や強そうな人と闘わずに済んだのは僥倖


午後3時20分

準備が早かったので予定より少し前倒し。
自己紹介で好きなポケモンを訊かれたので、私は「噴火ドラン」と言っておきました(
思えば、あれがこの日の私のピークだったのかもしれません(笑)

対戦相手の方とフレコ交換。
TNを見て聞いたことあるようなないような、そんな感じでした。
どちらにしろ、知らない人なのであまり関係ないですが。

私が用意したパーティはゼルネアスファイアローガルーラキリキザン
お相手さんのパーティはゼルネアスレパルダスクチート、サンダー
スクリーンに映してもらう気はなかったので、面白みの欠片もないパーティにしました。
クチートを使う人が多いと思ったので威嚇を利用できるキザン、サポートポケモンの中では火力のあるファイアローを採用し、どんなパーティが来ても腐るポケモンが出ないように組みました。
普通のダブルであれば腐りそうなポケモンは選出しない、といったことが可能ですが、今回のルールではそうもいかないので…
ゼルネアローはさっきと同じ。キザンは意地っ張り珠のテンプレ、ガルーラはグロドレ地震不意打ち

結果は選出と1、2ターン目の立ち回りがお粗末すぎて負け。
トウキョーは8勝2敗でしたが、2敗のうちの1つになってしまいました。

後半は盛り返したのですが、ムンフォで相手のゼルネを落とせそうなところで相手ゼルネのムンフォでCが下がってしまい、耐えられてしまいました。
数値が正確に見えていたわけではないので、あくまで目分量ですが。
それより、意地珠キザンの叩き2連打でサンダーが落ちないとかやばすぎ。
H振り程度なら持ち物ありダメ+持ち物なしダメで確定なのですが…ゴツメだったし、キザンより遅かったし、HBだったようですね。

私自身の結果は不甲斐ないものでしたが、他の方が勝ってくださったおかげでチームとしては優勝しました。
もし、チーム戦をやることになったら他の人が勝ってくれるから自分は負けてもいいだろう、と前々から思っていたのですが、いざそうした場面に出くわすと、チームが勝っているのに勝った気がしない、そんな気持ちを味わいました。
闘ってみないと実際はどう思うかなんて分からない、ってことですね。

ふらっと立ち寄ったポケセンでなんとなく参加した割にはいいとこまで進めてなかなか楽しかったです。
ダブル勢の人脈がまだまだ少ないと感じたので、これからダブルのオフも積極的に参加しようかなーと思いました。

あと、今度は普通のルールでお願いします()