読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホワイトロリータ

僕はルマンド派です

【サッカー】私のリアルタイムベストイレブン【雑記】

MTV EMAの日本代表にでんぱ組.incが選出されました。
勢いのあるアーティスト4組と争い、まさかの勝利。次はアジア代表を目指すそうです。

引き続き応援よろしくお願いします。jp.mtvema.com



というわけで、リアルタイムなので自分がプレーをリアルタイムで見たことある選手の中から選出。

自分がプレーを見て感動したり興奮したりといったことが基準なので、単純な評価や能力によるベストイレブンではないことをご了承ください。



GK

エドウィン・ファン・デル・サール
f:id:Lieta_chan_913:20151016015805j:plain

巧いGKといえばまさしくこの方。
ゴール前最後の砦かつ、ポゼッションの出発点でもある。
静かに怒る彼が机の上の紙コップを蹴飛ばし、その紙コップがゴミ箱に綺麗に吸い込まれたというエピソードが個人的に印象深い。


DF

アレッサンドロ・ネスタ
f:id:Lieta_chan_913:20151016020733j:plain

巧いゴールキーパーの話をしたが、巧いディフェンダーといえばと問われて真っ先に思い浮かぶのがこの方。
他のディフェンダーが体を張らなければならないような局面であっても彼は難なくインターセプトしてしまう。
ウイイレのやり過ぎで腱鞘炎になった疑惑を持つ。



パオロ・マルディーニ
f:id:Lieta_chan_913:20151016021200j:plain

90年代、00年代のサッカーを見てきた者で彼を語らずしてディフェンダーについて語ることは許されないと言っても過言ではない存在。
「足」は勿論、彼が突出しているのは「頭」である。優れた状況判断能力とリーダーシップはライバルのインテルからでさえ尊敬を集めた。
「奴」を選出するため、ここではセンターバックとして選出しています。



フィリップ・ラーム
f:id:Lieta_chan_913:20151016022958j:plain

状況判断能力が高く、クレバーな「左」がマルディーニであれば、その「右」はラームだろう。
近年ではセンターハーフのポジションをこなし、ゲームを巧みにコントロールする様を見せつけている。
かのペップにもそのセンスを認められたお方。



ロベルト・カルロス
f:id:Lieta_chan_913:20151016031317j:plain

「奴」
もうなんというか異次元の生物。


MF

アンドレア・ピルロ
f:id:Lieta_chan_913:20151016031636j:plain

テクニックとは何か、パスセンスとは何か。
そんなものを言葉で語るのは馬鹿らしい。とにかく、彼のプレーを見ればいい。それですべて分かる。



ポール・スコールズ
f:id:Lieta_chan_913:20151016032018j:plain

サッカー選手としての完成形。
彼の前ではメッシやクリスティアーノ・ロナウドでさえ、ただの一芸プレーヤーに過ぎない。



ハビエル・サネッティ
f:id:Lieta_chan_913:20151016032245j:plain

インテルから尊敬を集めるミランの選手がいるならば、その逆も当然存在する。
それが彼。アルゼンチン人でありながらインテル永久欠番となった鉄人。



ライアン・ギグス
f:id:Lieta_chan_913:20151016032635j:plain

若い頃は高速ドリブルでファンを魅了し、晩年はスピードの衰えを認め、経験から得た判断力とパスセンスを活かしてセンターハーフとしてプレー。
そして、センターハーフとしても世界クラスのプレーヤーになるというまさにセンスの権化。



カカ
f:id:Lieta_chan_913:20151016033029j:plain

僕がサッカー人生の中で魅了された選手としては順番的に2度目(最初の選手が分かった方にはアイスでも奢りましょう。ちなみに、このベストイレブンの中にはいません)。
何もかもが美しすぎる聖人。真のプロフェッショナルにして模範そのもの。


FW

ディエゴ・フォルラン
f:id:Lieta_chan_913:20151016033623j:plain

遡ること5年、つまり2010年。僕はずっと彼を信じていた。
信じてよかった。古豪復活の象徴。


完全な主観なので文句を言われても困りますが、あなたのベストイレブンはコメント等にていつでも募集しております。

おわり