読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホワイトロリータ

僕はルマンド派です

【閲覧注意】秋葉原の耳かき屋に行ったお話【雑記】

僕は耳かきが好きです。

どれくらいかというと、耳かきし過ぎでかさぶたができてもついしてしまうくらいには好きです。
耳垢が溜まらないので耳垢取りという意味での耳かきはほとんどしてませんが、耳の中を掻くとすごく快感なので毎日してます。
もはや中毒です。

また、耳かき動画も好きです。
耳かき動画には大きく分けて2種類あり、耳垢を取っている姿を見て大きい耳垢が取れた達成感(?)的なのを楽しむタイプと実際に耳かきをされているかのような音を楽しむタイプですね。
後者は厳密には動画とは違いますが、Youtube等でも比較的アップされているので一応含みました。

後者の動画(音源)で僕が今ハマっているのは「道草屋」という同人作品です。
僕は同人作品をまったく購入したことがなかったのですが、この作品だけは無料お試し版もありながら唯一お金を出した作品です。
環境音が秀逸で、まるで田舎の和室で耳かきされているかのよう。
おかげでこれを聞かないと安らかに眠れない体質になってしまった_(^A゜」∠)_

あと、おすすめなのはかの仔さんの動画。いい意味でふざけてるのに音はちゃんとしているという、天才的な作品です。
うざいシリーズの音源ですね。

そんなわけで、耳かき好きが行き過ぎてとうとう耳かき屋に行く決意をしてしまいました。

おやまださんと出会い厨をする前の隙間時間を利用して数か月ぶりの秋葉原へ。
しかし、この街は相変わらずオタクという単語から想像される一見偏見そのもののような服装をした人たちが一定数いますね。つまりは見た目通りのオタクってやつです。
「実際のオタクはそんな格好してない」なんて、ここに来たら即否定できます。マジで
彼らは周りの目が気にならないんですかね。アキバならいいかと思っているのかもしれないですが、アキバにいても僕みたいな目で見ている人もいると思うのですが。

まあ、僕も割とやばいスマホケースを持ち歩いているのでオタクdisはこの辺にしておきましょう。

秋葉原よりも御茶ノ水の方が割と近かったので、そこから降りて歩くことに。
google map先生を頼りに歩いていくと、お世辞にもそれほど綺麗とは言えない外観のビルが立っていました。

中に入ると受付がありました。
内装も外装通りって感じ。想像してたものとは若干違いました。
前払い制だったのでおっちゃんにお金を払って案内された部屋へ。
行燈の薄明りの中…というイメージとは違いましたが、僕が行った時間帯が昼間だったからでしょうか。

どうでもいいですけど、行燈のある和室ってめっちゃ憧れませんか。
あと、縁側にも憧れますね。中庭と縁側のついてる和室って最強だと思いませんか。
僕が一戸建てを建てるなら絶対につけます。これだけは譲れません。

さて、余談はこの辺にしておいて本題に戻りましょう。
まず、耳かきの前にお茶とおしぼりを渡されました。お茶はちょいと出涸らし感がありました。
耳かき屋は耳周りのリラクゼーションということで、耳垢取りだけでなく耳や顔のマッサージなどもしてくれます。

耳かきといえば膝枕。これがまたいいですね。自分でやるには絶対に味わえないので。
耳垢取りは冒頭で触れた通り、耳かきのし過ぎで耳垢がほとんどない僕にはその良さをあまり感じられませんでしたが、普通に気持ちよかったです。

また、耳のマッサージについてですが、これがやばかったです。
僕の耳があまりにも敏感過ぎるだけなのかもしれませんが、さわさわされるのやばいですね(語彙の消失)。
下半身が隆起しそう(下品)でしたが、ここへ来る途中で見た気持ち悪いカップルを思い出したらなんとか堪えられました。生まれて初めてブサイクカップルに感謝しました。
耳を触られるのは想像以上に気持ちいいので、みなさんも夜の営みの際はあまりがっつかずに全身を優しく愛撫してあげましょう。

あっという間に1時間が過ぎ、軽く肩のマッサージをしてもらって終了。
1時間だと物足りなかった感はありますが、おやまださんとローテオフ0次会の待ち合わせをしていたので離脱。

ちなみに、金額は1時間で5000円ほど。
安いチェーンのマッサージ屋が1時間3200円で、そこそこのマッサージ屋が大体その倍くらいなのでお値段的には妥当な感じがします。
むしろ、「耳かき」の特殊性を鑑みれば安い方なのではとも思いますね。
また、指名制もありますが、ぶっちゃけ耳いじられてる間は顔なんか見ないので顔で選ぶのはあまり意味がないです。リピーターになるならトークやテクニックなどを重視しましょう。


そんなこんなで僕が最後に思ったことを綴ってこの記事を〆たいと思います。

わざわざ金を払うより彼女を作って耳かきしてもらった方がいい

とはいえ、そうはいかないオタクの皆様方は、たまには10連ガチャを耳かきに使ってみてもいいのではないのでしょうか。

おわり