ホワイトロリータ

僕はルマンド派です

【ポケモンORAS】影踏みオン:10パートナーズの選び方と対戦結果【トリプル】

エトランゼさん主催の影踏みオンに参加しました。
ルールはORASレーティング準拠のトリプルバトルですが、
通常と異なり、ダークホール禁止であること、
また、タイトルにある通り、事前に10匹のポケモンを選び、試合ごとにその中から6匹ないし、5匹+好きなポケモン1匹を選んで対戦する形式です。


自分のパートナーは以下の通り

f:id:Lieta_chan_913:20200509151724p:plain


以下は自分がパートナーを選んだ際の考え方

基本的に自由枠から相手に合わせてメガ非メガ問わずポケモンを選んで構築が成り立つように選択。
ガルーラとリザードンは単純なスペックの高さ。
リザードンはガルーラと比較すると対策されやすいですが、無理に変なポケモンを使って失敗するより素直に手に馴染んだポケモンで良いと判断。
その他のポケモンはこの2匹との相性を重視し、かつ汎用性の高いポケモンを選択していきました。
ゴチルゼルクレセリアと迷ったのですが、相手を構築段階からより悩ませることを期待してゴチルゼル
ですが、結果的には単純にスペックの高いクレセリアの方が選びやすくてよかったと思います。
自由枠はモロバレルミロカロスキリキザンサザンドラあたりから選ぶ予定でした。
モロバレルに関しては、パートナーに選ぶと変なポケモンにゴーグルとか持たされて困ることがあると予想されたので、
パートナーから外して自由枠としました。ただ、水耐性が皆無なので普通に読まれる(
メガ枠の自由枠はボーマンダメタグロスカメックスあたり。
もし他に刺さりそうなポケモンがいる場合はパーティバランスを考慮して選択していく。

基本的にメタが外れても良いように汎用性の高いスタンダードのメンツを選びつつ、余った枠にメタ要素を仕込む程度...
にしようと1試合目が終わってから思いました(

反省点としては上記の通り、水耐性が0になったこと。
通常の形式ではリザードンで天候を奪取したり、雨メタを仕込むことで地雷のように働きますが、
今回のルールではこちらのメンツを見て相手はパーティを決められるので、雨側の方がどうしても有利です。
ゴチルゼルの枠にサザンドララティアススイクンあたりを入れるのが良かったかなと思います。

ちなみに、何度かリザードンX構築を考えていたのですが、何もまとまらなかったので結局全てYになりました。


以下対戦結果


対オルカさん
f:id:Lieta_chan_913:20200510231249p:plain
負け

自分
リザードン
ランドロス
ゴチルゼル
ギルガルド
ニンフィア
ヤミラミ(自由枠)

相手
バンギラス
ドリュウズ
ボーマンダ
カポエラー
モロバレル
ヒートロトム(自由枠)

初戦ということもあり、欲張ってメタ要素を詰め込んだ結果、汎用性を失ってあっさり負け。
そもそも、ゴチルゼルリザードンを縛ってクレッフィなどの手動雨で制圧するという、ピンポイントな予想をしたのがそもそもの間違い。
結果、バンドリマンダだったので見せ合いの段階で算段が崩壊していました。
そして試合結果もボーマンダハイパーボイスを打たれているだけでパーティが崩壊し、試合が終わりました(
初戦で惨敗したことで、極端なメタは失敗すると酷い目にあうという教訓を得ました。


対ヒデキッチさん
f:id:Lieta_chan_913:20200510231446p:plain
勝ち

自分
リザードン
ランドロス
ファイアロー
カポエラー
ヒードラン
モロバレル(自由枠)

相手
ガルーラ
マリルリ
ギルガルド
霊獣ボルトロス
クレセリア
スカタンク

マリルリを牽制するために自由枠はモロバレル
クリアスモッグを入れることで、不穏な動きをするフワライドにも保険をかけられます(選ばれませんでしたが)。
炎の通りが良く、マリルリも太鼓しないと打点がないので、ドランがかなり活躍しました。
スカタンクはフェアリー技で即死しない悪タイプと捉えるとワンチャンありそうかな、という印象。実際、いい仕事してましたし。
ただ、フェアリー耐性のない毒タイプという、表裏一体の部分もありますが。


対カノソさん
f:id:Lieta_chan_913:20200510231557p:plain
勝ち

自分
リザードン
ランドロス
ヒードラン
ギルガルド
カポエラー
トゲキッス(自由枠)

相手
ガルーラ
ランドロス
ファイアロー
ニンフィア
ギルガルド
サザンドラ(自由枠)


エルテラドーガンメタスタイル
とはいえ、1戦目のようなピンポイントメタではなく、汎用性を保てる形に構築。
この形式だとエルテラは出しにくそうですが、とはいえ対策を切れるような並びではないのできちんとメタは用意します。
トリルはなさそうなので追い風合戦で優位に立てるようキッスに電磁波搭載。
エルテラに対してはこの指以外にもエルフーンに電磁波を打つことで、叩き雪崩を1ターンでできないようにするプランも立てられます。
あとは困った時に電磁波エアスラで嫌がらせができる(
実際はエルテラではなかったですが、追い風の打ち合いになったので、サザンドラ対面で電磁波安定の局面が作れました。
結局、ガルドに引かれたのでS操作という意味で役立ったかは怪しいですが、1回麻痺バグ引いたのでアドは取れました。
あと、威嚇サイクルの加護を受けたHBリザードンがめちゃくちゃ硬くて頼もしかった。


スボミーさん
f:id:Lieta_chan_913:20200510231649p:plain
勝ち

自分
ガルーラ
ランドロス
ヒードラン
サンダー
ギルガルド
ミロカロス(自由枠)

相手
ガルーラ
ランドロス
サンダー
ファイアロー
クレセリア
ピッピ(自由枠)


ウインディランドロス、どちらが出てきても刺さるミロカロスを自由枠に選択。
ミロカロスで威嚇を抑制しつつ、ガルーラドランでゴリゴリ削っていき、身代わり毒ガルドとサンダーミロカロスの再生技で詰めていくプランを想定。
急所と熱湯火傷でアドをとったことと、相手ガルーラのおんがえしでミロカロスに2しかダメージが入らない事故が発生したので勝利。
オフでは普通に立ち回りで負けることが多いので、普段通りに事が進んでいればどうなっていたかは分かりませんが、勝利は勝利ということで。


対seemさん
f:id:Lieta_chan_913:20200510231810p:plain
負け

自分
リザードン
ヒードラン
ランドロス
カポエラー
ニンフィア
モロバレル(自由枠)

相手
カメックス
ランドロス
クレセリア
サンダー
ズルズキン
キングラー(自由枠)


トリルへのケアと、カメックスを自由にさせないためモロバレルを選択。
トリルをいなしつつ、隙があれば瞑想ニンフィアで詰めていく立ち回りを想定... したのですが、手動雨キングラーで全てが崩壊しました。
流石に雨下で水弱点3匹をモロバレル1匹で介護するのは辛すぎる。
終始相手の方が有利対面なのでクレセリアとサンダー、どちらが雨乞いを持っているか判断し、そちらを早急に倒すプレイングを心がけたのですが、
結局、どっちも持っていたので無意味な思案に終わりました。正直、そんな予感はしてましたが。
こちらの水耐性の薄さを突いたこういったメタゲームならではの構築だと感じました。



というわけで予選は3-2
直接対決の結果、2位で予選を抜けることができました。



トーナメント1回戦
対バイトぽけさん
f:id:Lieta_chan_913:20200510231923p:plain
勝ち

自分
リザードン
ランドロス
サンダー
カポエラー
ギルガルド
モロバレル(自由枠)

相手
ガルーラ(自由枠)
ランドロス
クレセリア
モロバレル
ヒードラン
ファイアロー

マリルリバンギラスを自由にさせないために威嚇2枚と自由枠からモロバレルを選択。
結局、どちらも選ばれませんでしたが、いずれも汎用性の高いポケモンなので、あまり問題はなし。
相手の構築はドランを処理すれば身代わり毒ガルドで詰めて行けそうなので、そのチャンスをうかがうことに。
リザの前にドランが来たので、手助けめざ地でドランを破壊し、その後はガルドの身代わりが壊されることなく勝利。
メタを外しても汎用性が高ければ影響は小さく済むということが証明できた1戦でした(予選1試合目前の自分に言ってやりたい)


トーナメント準決勝
対ブラットさん
f:id:Lieta_chan_913:20200510232042p:plain
勝ち

自分
リザードン
ランドロス
サンダー
カポエラー
ギルガルド
モロバレル(自由枠)

相手
ガルーラ
ミロカロス
サンダー
カポエラー
ヒードラン
ギルガルド

相手はいつもの6匹
こちらはミロカロスが来るならメガフシギバナゴチルゼルでも...と考えていたのですが、
直前で思い止まって、結果的には1回戦と同じ6匹で挑むことに。
1ターン目で鉢巻きランドロスの大爆発でサンダーを吹き飛ばし、ミロカロスを9割ほど削ります。
ギルガルドもみがわりを残せたのでアドを稼ぐ。
途中、ガルーラでガルドの隣のポケモンをボコボコにされていくも、2ターン目までに稼いだアドをギリギリ守り抜いて勝利。
ずっと同じ6匹を使い続けながら結果を出し続けている方なのであまりメタは考えず、
せいぜい鉢巻ランド等でミロカロスに過負荷を与え続けることを念頭に置いてプレイしました。

トーナメント決勝
対もみじさん
f:id:Lieta_chan_913:20200510232140p:plain
負け

自分
ガルーラ
ランドロス
ヒードラン
サンダー
ギルガルド
ミロカロス(自由枠)

相手
サーナイト(自由枠)
バンギラス
ヒードラン
トゲキッス
ランドロス
ファイアロー


叩きの可能性もあるのでカノソさん戦と同じパーティも考慮しましたが、
バンギラス入りのスタン系で来られた場合にリザードンだと厳しいので、ガルーラを選択。
毒でサイクル回すよりバンギに打点がある方が良いのでガルドの毒をラスターカノンに変更。
それ以外はスボミーさん戦とほぼ同じ。
勝戦の反省点としては、
1つ目はミロカロスで凍える風を打ったターンですが、それをやるくらいなら熱湯で少しでも負荷をかけ続ける方が良かったです。
更に、ランドの地震ミロカロスを巻き込んだターン、それ自体は間違いとはいえなかったものの、
その場合ドランは守らせるべきでした。
最後にエッジを外したことでギリギリランドに耐えられて負けてしまった点も、ダメージ感覚のなさに起因するものなので、
プレイヤーの未熟さが最後の最後に露呈した格好となりました。



というわけで、準優勝でした。
リザードンは対策されやすそうだったのでどうかなと思ったのですが、結果的に8試合中6試合もリザードンを選びました。
リザードンを選ぶ人が少なかったおかげでリザスタンのミラーになることがなく、結果的に動きやすかったです。
相手のS操作がなんだろうと耐えてから展開したり、反撃したりと数値の高さを見せつけるリザードンとガルーラは頼り甲斐がありました。
もう少し他のメガ枠も試してみたかった気持ちはありますが、予選抜けも怪しかったので、結局信頼しているポケモンを選ぶことになりました。
通常の組み方と違う考え方で構築を組むのは新鮮で、とても勉強になりました。

主催のエトランゼさん、対戦して下さったみなさん、そしてトリプルバトルに関わる全ての方へ
ありがとうございました!